短期間でバストアップする方法

胸が小さくて悩んでいる女性は多くいます。このようなコンプレックスを持つ女性に、おすすめするバストアップする方法はさまざまなものがあります。
エクササイズやマッサージなどで身体を動かす方法、食べ物やサプリメントを摂取して内側から大きくする方法やクリームを塗ったり、バストアップするグッズなどを使用する方法などさまざまです。
毎日コツコツやるのは、面倒だから短期間でバストアップしたい、という場合には正しいケアを行うことが大切になります。
まず、行うべきなのが正しいサイズのブラジャーを選び、正しい付け方を行うことになります。胸の膨らみの一番高い部分と低い部分の差をはかり、その数値で正しいカップ数を知り、正しいサイズのブラジャー正しい付け方で付けることによって1カップアップすると言われています。
バスト全体を支える大胸筋を鍛えることによって大きくすることを期待でき、リンパマッサージを行うことも胸を大きくする効果が高いのです。このとき、バストを温める効果のあるクリームを使うことによって、リンパや血液の流れを改善することができ、女性ホルモンのバランスを整えることで胸を大きくする乳腺の発達も促されて胸を大きくすることができます。
また、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするイソフラボンを含む、納豆や豆乳、きな粉や豆腐などの大豆製品を積極的に摂取することで身体の内側から胸を大きくすることを期待することができるのです。

バストアップと筋肉の関係

バストアップと筋肉の関係は切っても切れない重要な関係があるのです。なぜならただ脂肪だけしかないバストは重力に負けて垂れ下がってしまうため、まるでホルスタインのように見るも無残なボディラインになってしまうからです。
そのためバストアップを目指したいならば筋肉アップも同時に行わなければなりません。バストアップの為に鍛えたいのは大胸筋と呼ばれる部分です。普段はあまり使う機会が無いため、意識的に鍛えることが重要です。例えば両手を広げてバストの前で押し合うように力を入れてキープするエクササイズが有名ですが、これを毎日行うだけでもバストアップ効果を実感する事が出来るでしょう。上手に行うポイントは、力を入れて筋肉がプルプルする状態をキープすることです。呼吸を止めずに30秒から1分程度状態をキープすると良いでしょう。昔ながらの腕立て伏せもおすすめですが、運動に慣れていない人は手首や肩を痛める恐れもあるため、自分の身体の様子を確認しながら行うのがおすすめです。
気合が入るあまりにエクササイズを張り切りすぎると脂肪を燃焼させてしまいバストのサイズが減少してしまうということも考えられるため、適度に気持ちよいと感じられる程度で毎日続けると良いでしょう。そうすればスポーツ選手や海外セレブのようにバストの上部から盛り上がるようなバストアップを実現する事も夢ではありません。
特に形の良いバストアップをしたい人にはおすすめの方法です。

バストアップに効果のある食材

バストアップをするためには、マッサージや筋トレを行うことも大切ですが、外からのケアだけでなく体の内側からケアしてあげることも重要になります。バストアップさせるためには、女性ホルモンを分泌させて、乳腺を発達させる効果のある食材を積極的に摂るようにしましょう。女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの分泌を高める成分が含まれている食材には「ボロン」があり、りんごやぶどうなどの果物や、ワカメやひじき、昆布などの海草類に含まれています。特にボロンが含まれている食材として有名なのがキャベツですが、ボロンは熱に弱く火を通してしまうと効果が薄れてしまうので、キャベツを食べる時にはサラダなどで、そのまま生で食べるようにしましょう。ボロンはバストの脂肪を増やす働きもあり、他のお腹などには脂肪がつかないので、ダイエットの時には助かりますね。
納豆、豆腐、豆乳などの大豆食品には女性ホルモンと似たイソフラボンという成分が含まれていることでも知られています。バストアップだけでなく、美肌や女性らしい体を作るのにも効果的な食品なので、毎日の食事に上手に取り入れていきましょう。イソフラボンの場合、過剰に摂取してしまうとホルモンバランスが崩れてしまうことがあるので、適度に摂取するようにするといいですね。他にも、女性が好きなチーズやヨーグルトなどの乳製品も、良質なタンパク質を含んでいて、バストの成長を促進してくれるので摂取するようにするといいでしょう。